カラオケ・ヒトカラを楽しむ方法。 | カラオケポータル

ヒトカラの楽しみ方やカラオケの総合的な話題など。

上達したい

歌の覚え方

カラオケを上手く歌うには、まずその曲をちゃんと知っていることが重要です。
うろ覚えだと音程が適当になり、間違ったまま覚えてしまうこともあります。
覚えるためには、CDを購入したり、レンタルで借りるなどしてその曲を聴きこむことが最も大事ですが、手軽に覚える方法を幾つか紹介します。

・ガイドボーカルを利用する
曲によっては、「ガイドボーカル」が利用できます。
これはお手本の歌がバックで流れてくれる、というもので、例えサビしか分からないような曲でも、ガイドボーカルと一緒に歌うことで曲全体を覚えることができます。
女性の曲などはこれを利用することで、デュエットしているような気分にもなれます。普段より上手く歌えてる気がするので、盛り上がりますよ!

・スマートフォンを利用する
ガイドボーカルがない曲は、なかなか歌いながら覚えるようなことは難しいです。
しかし、スマートフォンに入っている曲や、YOUTUBEで検索して目的の曲を聞くことで、カラオケ店でお手本を聞きながら歌うことができます。
デンモクを眺めていて「あ、この曲歌ってみたい!」と思った時には便利です。
大抵の曲はYOUTUBEで検索すると見つかりますもんね。便利な時代になったものです。

・分析採点/見えるガイドメロディーを利用する
ガイドボーカルほどではありませんが、JOYSOUNDの分析採点や、DAMの見えるガイドメロディーも便利です。
「あれ、ここ上がるところだっけ?下がるところだっけ?」といった場合にはガイドに沿って歌えば良いので良い指針になります。
ただ、私のように元来あまり音楽に馴染みがないと、どれくらい上げれば良いのか、など細かい音程までは見ても分からないので、あくまで大雑把な指針となります。

実践(ヒトカラ)

実際に一人でカラオケに行って、どう楽しむか?
簡単に言うと、もう「好きなように歌いまくる!」しかないんですが、いくつか私がやっている楽しみ方を紹介します。

・とりあえずフリードリンク
ウーロン茶やコーラなど、とりあえず何か飲み物を持ってきます。
お茶や炭酸は喉の脂分が落ちてあまり良くない、という話もありますが、とりあえず好きなもの飲みます。
ただ、最初は喉を暖めたいので、冬の時期は特に、冷たいものよりは温かいコーヒーなどを意識的に飲むようにしています。


・まずは歌いやすい曲で喉の運動
ちゃんとした歌の練習方法を紹介しているサイトでは、喉の準備運動とか載ってるのですが、とりあえずそこまでしなくてもいいよという場合には、歌いやすい曲を1-2曲歌うことで準備運動の代わりにしましょう。
この際、無理な高音を出すような曲を避け、ナチュラルに歌えるものが良いかと思います。

私の場合、「THE YELLOW MONKEYの「太陽が燃えている」や「LOVE LOVE SHOW」なんかを歌います。イエモン歌いやすい&ノリがいいので好きです。


・お酒を飲む
これも歌うときはアルコールはダメ、と言われてるようですが、私は気にせず飲みます。
多少酔った方が、一人でも盛り上がって楽しくなります。
また、他の人と行くときの練習と考えた場合、大抵は他人と行くときも飲み会の二次会だったりするので、多少酔って歌ったほうが練習になったりもします。
ただし飲み過ぎには注意しましょう。私はすぐ酔えるので、でいつもチューハイ一杯のみです。


・何でも歌う
J-POPだろうが演歌だろうがアニソンだろうが、男の曲も女の曲もなんでも歌います。好きな歌は全部!
これがヒトカラの最大の利点だと思いますが、他人を気にしなくて良い!のです。
下手でも何でも、とりあえず歌ってみると、意外と良い感じで歌えたり、逆に歌えそうだったのにこれは無理と感じたり、色々と発見があります。
歌っていて楽しい曲や練習したい曲をみつけたら、何度でも繰り返し歌っていきましょう。

「超新星フラッシュマン」などは盛り上がるのになかなか歌う機会がないので、ヒトカラで熱唱しています。
戦隊モノの曲って盛り上がりますよね…私だけ?


・キーの調整
私も最初はどんな曲でも原曲キーで歌おうとして、自ら歌のレパートリーを狭めていました(高い声が出ないので…)。
しかし、キーを調整することでよりスムーズに歌える曲や、今まで声が出なかった曲も歌えることに気がついて、今ではキーを調整して歌うことも多いです。
ただ、音程が分からなくなったりする場合もあるので、変更のしすぎには注意しましょう。


・採点
一人で楽しむ分には点数なんてどうでも良いのですが、カラドル伝説でフードを貰うためには88点以上が必要なので、何曲かは高得点が出る曲を練習しておくと便利です。
歌の上手さ=特典が高い、とは必ずしも言えないのですが、あまりに音程が外れていたりすると点数が伸びないのも事実です。
意外と一人で歌っていても、高得点が出ると嬉しいものなので、遊びのスパイス程度に考えて採点も楽しみましょう。


・立って歌う
私は日中は座り仕事なので、カラオケ時はなるべく立って歌うようにしています。
立って歌うとお腹から声が出やすくなりますし、気分も盛り上がってきます。
運動になる、とは言えませんが、ずっと座っているよりかはいくらか消費カロリーも高いですので、運動不足の方はグイグイ踊りながら歌うのもアリですね。

他の部屋で、一人でソファの上でジャンプしながら歌っている人が目に入ったこともあります。ソファ壊れそうでした。
運動不足やストレスの解消にヒトカラに来ている人も結構多いみたいですね。


JOYSOUND特集(RSS)
DAM特集(RSS)
記事検索
プロフィール

うねとら

今歌われている曲
マカフィー・ストア

NEC Direct(NECダイレクト)
  • ライブドアブログ