カラオケ・ヒトカラを楽しむ方法。 | カラオケポータル

ヒトカラの楽しみ方やカラオケの総合的な話題など。

2012年11月

精密採点3で遊んでみた

昨日は久しぶりにJOYSOUNDで歌ってきました。
新機種の「f1」はデンモクがサクサク動いて気持ちいいですね(´∀`*)
1時間ほどでしたが、チューハイ(無料)とコロッケ(カラドル伝説景品)飲み食いして気持よくなりながら、「精密採点3」で遊んできました♪

DSC_1635
まずは自分の十八番、「LOVE LOVE SHOW」。おー、なかなか高得点…ですが、安定感のなんて低いことか。

DSC_1637
リベンジ!安定感を意識したら、熱唱度が下がりました…難しい('д` ;)

DSC_1638
続いてアニソン。水木一郎を熱唱!本日最高得点!安定感が脅威の8点台!ひどい…。

DSC_1639
同時に採点したカラドル伝説。なにこの差…。喜んでいいのかガッカリなのか分かりません。

DSC_1640
チェッカーズ。総じて安定感ないですね。リズムも悪い…。

DSC_1644
アニメPV見ながらライオン。音程以外酷いもんです(T_T)


音程はまあ外さなければ得点出るんでしょうが、安定感とかどうすれば上がるんでしょうね?
採点も他人と競わず、自己分析に使用したり目安として考えれば結構楽しいものです。
カラオケに行ったら、次回も挑戦してこようと思います!

緊張しないために

他人の前で歌うのは緊張します。
ヒトカラで上手く歌えていても、いざ他人の前で…となると、急に下手になってしまう事も多々あります。
これは私自身もそうで、なかなか「これをやれば大丈夫!」という完璧な方法はありません。
気心の知れた友人だったりすると大丈夫なのですが、会社の同僚とだとやけに緊張してしまうこともしばしばです。

それでも、いくつかの対処法があると思っています。
以下、いくつか紹介します。

・自信をつける
この曲なら、大きく失敗することはない!という曲をいくつか身につけておきます。
シラフでも、酔っ払っていても、これだけは…!とすがるものがあり、一曲歌ってしまえばその後は何とかなるものです。
(逆に、それを失敗すると悲惨なんですが…)
これはもう、練習あるのみ、です。簡単でメジャーな曲を覚えておきましょう。


・他人と一緒に歌っておく
自信があるとき以外、最初に歌ってはダメです。
他人が歌っている時に一緒に歌い、喉や声の調子を確かめておきましょう。
発声練習と思って、(その人には悪いですが)ガンガンいきましょう。


・酔っ払う
お酒の力を借りて、勢いで行ってしまいましょう。
飲み過ぎは喉を痛める原因になるので、声を張り上げないように注意しましょう。
その場を楽しめれば、緊張も和らぎます。


寝たふりをする
もはやこのブログのテーマと相反しますが、最終手段です。
歌わずにやり過ごしてしまいましょう!私も昔は何度かこの手を使ったものです…。
ダメな時はダメと思い、諦めて次の機会を待ちましょう。
無理に挑戦し、トラウマになってしまっては、次回さらに緊張してしまう原因になります。

曲目リストの管理

JOYSOUND、DAM共にデンモクにログインすることで自分の曲目リストが作成できます。
しかし、多人数でカラオケに行った時など、自由にデンモクを使えない場面もあります。
その時は、スマホのアプリを使って自分の曲目リストを確認しましょう。

キョクナビJOYSOUND


このアプリの便利なところは、以下の項目となります。

・JOYSOUNDと曲目リストが同期
デンモクにログインして作成したリストがそのまま使えるので、新しくリストを作成する手間が省けます。
また、逆にアプリ側からリストに追加・編集することも可能です。

・キー設定も確認できる
自分がその曲を歌うとき、どんなキー設定にしていたかを確認できます
多人数でも自分のベストのキーを確認して曲の予約ができます。便利!

・アプリから曲を予約できる
JOYSOUND限定ですが、アプリをその部屋の機器にリンクさせることで、スマホから予約もできます。
おまけ的な機能ですが、人数に比べてデンモクが少ない場合は役に立ちます。


普段と違う機種のカラオケに行ったときにも、自分の持ち歌を手元で確認できるのでとても便利です。
DAMにも同様のアプリがあるようですが、残念ながらAndroidには対応していないようなので、使用することができません…。
DAMで歌うことも多いので、早くAndroid版をリリースして欲しいところです。 

上達するために -ボーカル・レッスン

私はカラオケを練習するときに、基本的には独学であったり、以前紹介した「れみぼいす」等の他サイトさんを参考にしたりでしたが、最近とてもためになるカラオケ教室がTVでやっていました。

NHKの「趣味Do楽 誰でも歌はうまくなる! 広瀬香美のボーカル・レッスン」です。
これはNHKが毎回テーマを決めて、その趣味に関するレッスンや解説などをしてくれる30分番組なのですが、この10月~11月に、まさに私が欲するレッスンをやってくれました!

広瀬香美さんは、ご自分で歌の教室を開いているそうで、その内容には説得力がありました。
今回は番組内でIKKOさんなどが歌のレッスンを受けていたのですが、レッスン期間で見違えるように上手くなったのが分かりました。
全8回、歌う時の立ち方から声を出すときの意識の仕方、実際のカラオケでの注意点など、本当にためになる話がいっぱいでした。

見逃した、という人でも、NHKで番組の内容に沿った教本を販売しているので、チェックしてみて下さい。Webサイトでも数ページ内容の確認ができます。


私は速攻注文してしまいました!
まだ手元に届いていませんが、届いたらこの本片手にカラオケに行くつもりです (´▽`)

家でカラオケ

カラオケ店に通わずとも、家で手軽にカラオケを楽しめる方法もあります。
カラオケ専門の機械もあるのですが、おすすめは家庭用ゲーム機「Wii(Wii U)」の「カラオケJOYSOUND Wii SUPER DX」です。
タイトルからも分かる通り、JOYSOUNDが楽曲提供しており、6万曲以上を家庭で歌うことができます。

オフラインでも数十曲歌うことができますが、本領は有料オンライン接続です。
有料、と聞くと少し二の足を踏んでしまいますが、料金は以下のような形です。
 24時間:300円
 72時間:500円
 30日  :1000円
 90日  :2000円
ダントツで90日がお得!です。
毎日歌う機会がなくとも、週末やイベント(クリスマスやお正月)で家族と楽しんだり、使う機会は多いです。

また、小さな子供がいて、カラオケ店はちょっと…という場合でも、家なら安心です。
曲数も多いので、子供向けの童謡・教育番組の歌・アニメから、JPOP・演歌まで楽しめるので、我が家でもかなり重宝しています。
しっかり新曲のサポートもしてくれるのも安心ですね。
また、全国採点機能や音程チェック機能も使えるので、歌の練習にも持って来いです。


ただ、注意点として
・近所迷惑にならないようにする
・マイクが有線(本体とUSB接続)なので、踊る場合には注意が必要。長さは十分
・選曲がWiiリモコンだと若干やり辛い(DS/3DSを持っている場合は、200円でWiiウェアの「クイズ音楽の時間 ~JOYSOUND Wii SUPER DX専用キョクNAVI付~」を購入すると、DSがデンモク代わりに使えて快適になります)
が挙げられます。
特にマンション・アパート住まいだと、大声で熱唱…という訳にはいかないかもしれません。

しかし、上記の注意点を差し引いても、とても便利なソフトであることは間違いありません。
一度、経験すると病みつきななるような魅力がありますよ♪


Wii本体 (シロ) Wiiリモコンプラス2個、Wiiスポーツリゾート同梱
カラオケJOYSOUND Wii SUPER DX お買い得版






JOYSOUND特集(RSS)
DAM特集(RSS)
記事検索
livedoor プロフィール
今歌われている曲
マカフィー・ストア

NEC Direct(NECダイレクト)
  • ライブドアブログ